Live wisely〜賢く生きる〜

賢く生きる為に、少しでも役立つことを取り上げていきます。たまに猫もあげます!

MENU

【楽天銀行】マネーサポートの使い方!無料で資産管理しよう!

 

f:id:hbstan:20201210215736j:plain

皆さんこんにちは!hbstanです。

賢く生きるをテーマに役に立つ情報をアウトプットしています。

 

今回は楽天銀行で利用出来る機能である、マネーサポートについてまとめていきます。

 

  • 自分が今いくら資産を所有しているのか確認したい。
  • 資産管理をしたいがマネーフォワードは有料でやりたくない…
  • 最近楽天銀行の口座を開設したが、やり方がわからない。

 

と言った方は是非読んでみてくださいね!

 

 

 

楽天銀行とは

楽天銀行(旧イーバンク銀行)とは名前の通り、楽天銀行株式会社が運営しているネット銀行です。あの楽天のグループ会社であり、楽天カード株式会社の子会社です!

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

楽天銀行普通預金金利が0.02円以上!

メガバンクやその地方にある銀行を利用している方が多いかと思いますが、皆さんがもらっている給与を普通に預金していても金利が低く、大した利息にはなりません。

ですが楽天銀行普通預金口座だと金利が0.02%となります!これはメガバンクの20倍の金利です!

 

マネーブリッジの利用で更に上がります!

また楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行とすることで、普通預金金利が通常の2倍の0.04%になり、

さらに楽天証券とのマネーブリッジ(自動入出金)を設定することで、さらに普通預金金利が通常の5倍の0.1%となります!

メガバンクの最大100倍の金利となりますね!

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

 

楽天銀行で資産管理【マネーサポート】

また楽天銀行には様々な機能がありますが、その中の一つにマネーサポートと言う資産管理ツールがあります。

自分の所有している銀行口座や証券口座、クレジットカードのポイントなどを設定することで、楽天銀行で一括で全ての口座の動きなどを確認、管理できるようになります。

 

マネーサポートの設定方法

肝心のマネーサポートの設定方法のご紹介です。

 

マネーサポートのページへ

f:id:hbstan:20210130130009j:image

まず楽天銀行のアプリもしくは、楽天銀行のサイトにログインしてマネーサポートのページに行きます。

マネーサポートのページへ行くアイコンは、ブタさん貯金箱のマークですのでわかりやすいですね!

 

金融機関を追加する

その後ページ上に現れる +金融機関を追加する を選択するか、設定→金融機関管理→登録済み金融機関の右にある+を選択し、金融機関を選択するページへ飛びます。

そこで金融機関を選択して、金融機関のページへ飛びます。

その後ログインIDとパスワードを入れ、認証することで設定は完了です。

 

利用出来る金融機関

マネーサポートで利用出来る金融機関は数多くあり、大抵多く使用されている大手銀行や地方銀行であれば利用可能です。証券口座も利用できます!

最近では電子マネーの復旧による影響かnanacoPiTaPaモバイルSuicaも利用出来るようになっていますね。

 

 

マネーサポートでできること

マネーサポートでできることをご紹介します。

 

f:id:hbstan:20201109103101j:plain

資産残高の内訳が確認できる

設定した金融機関の情報を結び、全ての普通預金投資信託、株式などの資産残高の内訳を確認出来ます。円グラフで見れますので、自分の資産が何が多いのかわかりやすいですね!クレジットカードを登録することで楽天ポイントなども同時に管理できます。

但し、米国株には対応していないようです。先日なんだか資産が減っているな…と思い、調べてみると米国株を買ったことが反映されてないようです。

今後の対応に期待しています!

 

資産の推移を確認出来る

自分の資産が月毎にどのように推移しているのかを確認出来ます。絞り込みも出来ますので、株式だけの推移や預金だけの推移を確認することもできます。

 

毎月の収支を確認出来る

月毎の収入と支出を色分けで確認することができ、その月ごとの収支を確認できます。収支を確認することで、知らず知らずに使ってしまう心配も無くなりますね!

 

カテゴリ分類もできる!

またカテゴリ分類の設定を行うことで、食費や生活費など何に多くお金がかかっているのかを分類して、分析することができます。

自分の生活を見つめ直すことができますね!

 

マネーフォワードとの比較

資産管理アプリと言えば、マネーフォワードもありますよね。マネーフォワードには有料、無料版があります。マネーサポートは無料で利用出来ますが、比較するとどうでしょうか?

 

マネーフォワードには少し劣るが、無料版ではマネーサポートが良い

私個人の意見としては、正直マネーフォワードの方が操作性や設定などはやり易いです。ですがこれはマネーフォワードの有料版の場合であり、無料版で利用するにあたってはマネーサポートのほうが優秀だと思います。

とにかく資産管理を細かく徹底したい!と言う方にはマネーフォワードの方がおすすめです。

 

 

 

楽天証券との連携がエラーになる時

1番肝心の楽天証券との連携がエラーになりやすいです。

設定に間違いがない場合には、楽天証券の重要なお知らせを全て確認すると解消されますので、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

ポイントまとめ

今回のポイントを3点まとめます。

 

  • 資産残高の推移、内訳、収支がかくにんできる。
  • 現在米国株、外国株には対応していない。
  • 無料版だとマネーフォワードよりは使えそう。

 

今回は楽天銀行の資産管理ツール、マネーサポートについてまとめました。

自分の資産を確実に管理して現状を把握し、無駄な出費を抑えて無理のない生活を送っていきたいですね…

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

私のおすすめ本