Live wisely〜賢く生きる〜

いつもの日常に+αするだけで賢く生きれる情報をアウトプットしています。資産運用、業務効率化、猫etc

【米国株 ADR】TSM タイワン・セミコンダクター・マニュファクチャリングから配当金が入りました。

f:id:hbstan:20201117202718j:plain

皆さんこんにちは!hbstanです。
賢く生きるために役に立つ情報をアウトプットしています。

 

今回はADRの一つである TSM 台湾積体電路製造 タイワン・セミコンダクター・マニュファクチャリングから配当金が入りましたので、この銘柄についてや配当金についてまとめていきます。

こんなことを考えている方へ

 

と言ったことを考えている方の参考になればと思います。

 

 

 

TSM タイワン・セミコンダクター・マニュファクチャリングとは

(ティッカー:TSM)タイワン・セミコンダクター・マニュファクチャリングとは台湾の半導体メーカーです。最近では半導体への懸念からよくニュースでも取り上げられている企業です。今後の動きとして日本の茨城県つくば市にも開発拠点を設立する予定もあるそうです。

この銘柄は現地課税のかからないADR米国預託証券)となっています。同じADRにはULなどもあります。

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

 

楽天証券で米国株の買い方を知りたい人へ

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

 

TSMからの配当金

TSMからの配当金


 

 

TSMからの配当金は10株所有で税引き前4.4USドルでした。税金を差し引いて2.8USドルとなりました。

日本円にして300円くらいですね。

 

配当支払い月

直近の権利落ち月は3月、6月、9月、12月です。

直近の配当支払い月は4月、7月、10月、1月です。

同じ配当支払い月にはHDVなどがあります。

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

 

米国株配当金の二重課税

米国株配当金は米国現地課税の10%が引かれます。

その引かれた金額に日本の所得税15.315%+住民税5%がさらに引かれます。

例 1000円配当金が入った場合

米国現地課税       1000円-10%=900円

日本所得税+市民税  900円-20.315%=717.165円

となります。

 

 

TSMの良いところ

TSMの良いところは

  • ADRの為、現地での税金がかからない。
  • 今後の半導体需要により、値上がりも狙える?

と言ったところかなと思います。

半導体業界は今後電気自動車や自動運転、スマートフォンの普及などによりさらに需要が増えていく業界です。

さらに利益がでて値上がり、自社株買い、増配・・・なんてことも。(夢見がち)

 

ポイントまとめ

今回のポイントを3点まとめます。

 

ポイント
  • TSMは台湾の半導体メーカー。
  • TSMはADRの為、米国現地での税金がかからない。
  • 今後さらに需要の増える半導体業界で注目されている!?かも

今回はTSMについてまとめました。

配当金によるインカムゲインももちろん嬉しいですが、キャピタルゲインを狙える銘柄にも組み入れていくことで思わぬ利益を得ることができるかもしれませんね。

 

 

くれぐれも投資は自己責任で行っていきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

私のおすすめ本