Live wisely〜賢く生きる〜

日常をもっと賢く生きれないか?と言うことを考えている方はぜひ!米国株、日本株、業務効率化、猫etc

配当金生活 QYLD グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETFから入金。2021年12月

f:id:hbstan:20211206171112j:image

米国株は軒並み下落していますね。今年は買い場でしょうか。

 

みなさんこんにちは、hbstanです。
賢く生きるために役に立つ情報をアウトプットしています。

 

2021年12月も、米国高配当ETF QYLD 「グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF

から分配金が入りましたので、簡単にまとめていきたいと思います。

 

このような事を考えている方へ
  • 米国株で配当金生活をしたい。
  • 株式の配当金で副業、不労所得生活をしたい!
  • 実際にQYLDを保有するとどうなるの?

ということを考えている方の参考になると思います。 

 

 

↓応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

Live Wisely〜賢く生きる〜 - にほんブログ村

 

QYLD グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETFとは

f:id:hbstan:20211212200730j:image

(ティッカー:QYLD)グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETFとは、米国のグローバルX社が運用する、

バードコール戦略」を利用したETFです。

QYLDの詳細は下記の記事にてまとめています。

QYLDを検討している方の参考になればと思います。

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

QYLDが購入できる証券会社

f:id:hbstan:20211212200721j:image

QYLDは「楽天証券」「SBI証券」「マネックス証券」などの証券会社で購入することができます。

 

SBI証券で米国株を購入する場合

「為替手数料」や「売買手数料」、気になりませんか?

住信SBIネット銀行でドル転後、SBI証券の米国株アプリで米国株を購入すると為替手数料を

「25銭」 → 「4銭or2銭」

に抑えることができます。

証券会社は手数料ビジネスです。以下の記事でまとめていますので、ぜひ一度読んでみてください。

hbslivewisely.hatenablog.com

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

楽天証券で米国株を購入する場合

楽天証券で米国株の買い方を知りたい方へ

下の記事では証券会社ごとの米国株取引にかかわる「手数料比較」をしています。

みなさんの証券会社選びの参考になるはず!

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

 

2021年12月 QYLD グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETFからの配当金

f:id:hbstan:20220123134842j:image
f:id:hbstan:20220123134837j:image

QYLD グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETFからの配当金は「725株所有」で税引き前362.05USドルでした。

税金を差し引いて288.64USドルの配当金です。

日本円で33000円くらいですね。

 

脅威の分配金ですね・・・

QYLDホルダー誰もが歓喜した、1株あたり 0.49938USドルの分配金です。

また外国源泉徴収税もされていないため、通常の月より多くもらえています。

配当金だけでQYLDを13株は買えるようになり、再投資することで複利の効果が大きくなっていきます。(今月は特別感ありますが)

 

QYLDの分配金支払い月

f:id:hbstan:20211212200534j:image

QYLDはなんと「毎月分配金」が支払われます。

毎月の配当金、分配金を再投資することで、雪だるま式に増やせます。

毎月配当金がもらえる銘柄にはほかに MAIN メイン・ストリート・キャピタルPSEC プロスペクト・キャピタル 、ETFでは SRET があります。

下の記事の MAIN PSECは「BDC銘柄(Business Development Company)」であり、配当利回りが5%を超える高配当株投資家に人気銘柄ですね。

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

 

QYLDの経費率

f:id:hbstan:20211212200659p:image

QYLDの経費率は0.6%となっています。

同じNASDAQ100指数に連動するQQQの経費率は「0.2%」なので、少し高いイメージですね。

 

QYLDにかかる米国と日本の二重課税

重い税金

SBI証券の画像をみるとよくわかりますね。

  1. 米国現地課税の10%が引かれます。
  2. 日本の所得税15.315%+住民税5%がさらに引かれます。

例 1000円配当金が入った場合

f:id:hbstan:20220123134931j:image

米国現地課税         1000円-10%=900円

日本所得税+市民税  900円-20.315%=717.165円

となります。

税金で28%引かれる」と考えておくとわかりやすいですね。

米国現地課税は確定申告の「外国税額控除」で少しでも取り戻しましょう!

還付金は、自分の所得によって変わります。

 

「一般NISA口座」で保有すると日本での課税が0円になります。

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

保有してわかるQYLDの良いところ

f:id:hbstan:20211212200612j:image

QYLDの良いところは

  • 毎月分配金がもらえるので、分配金を再投資することで複利の効果を期待できる。
  • 利回りが10%超でめちゃ高い。
  • QYLDだけで3万円もらえるようになると生活に余裕が出てくるかも・・・

といったところでしょう。

月3万円もらえるようになると大きいです。

贅沢しなければ、普段日用品など使う生活費くらいは3万円で賄えますもんね。

今後もQYLDなどの米国株をコツコツ積み立てていきます。

 

 

QYLDの懸念点

f:id:hbstan:20211212200642j:image

QYLDの懸念点として

といったところですね。

SPYDとHDVについては下の記事でまとめています。

hbslivewisely.hatenablog.com

 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

QYLDの仕組みはこちらの記事で簡単にまとめています。 

hbslivewisely.hatenablog.com

 

 

QYLDポイントまとめ

今回のポイントを3点まとめます。

 

ポイント
  • QYLDはグローバルX社が運用するETF
  • 毎月もらえる分配金で再投資することで複利の効果を得ることができる。
  • QYLDだけで月3万円の分配金で余裕が出てくる・・・

 

12月分のQYLDの分配金について簡単にまとめました。

今回は特別ボーナス感がありますが、その分再投資に回して特別ボーナスが続くようにいていきたいです。

 

くれぐれも投資は自己責任で行っていきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

私のおすすめ本